ドバイ株投資をはじめたい方に
@日本の証券会社でドバイ株投資をしたい
「【初心者必見】ドバイ株取引のできる日本の証券会社がついに登場!」
Aドバイの証券会社でドバイ株投資を味わいたい→「ドバイ株ドットコムについて」

2007年07月01日

ドバイの歴史

ドバイの歴史
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

興り
漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村であったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。伴ってドバイ首長国が建国され、ここに今に至るドバイの歴史が始まりの時を迎えた。1853年に他の首長国と同時に英国の保護国となる。

近代
統治を担った英国はこの地を、東インド会社に到るための、貴重な中継の地とした。20世紀になると、歴代の首長の推進をもとに自由貿易の政策を採ったことで、周辺地域の商人達の拠点となりゆく流れのなかで、中継貿易港としての色合いを濃くしてゆく。

勃興
20世紀も半ばに迫った頃。この地を近代的な都市にすることを夢見た当時の首長・シェイク・ラーシド・ビン・サイード・アール・マクトゥームの推進により、1959年のクウェートからの借金をもとにして社会インフラの近代化が図られてゆく。1958年のアブダビにおける原油の油田の発見に続く、1966年の海上油田の発見はこの動きに大きな力を与えた。

1971年の英国軍のスエズ以東からの撤退に伴って、同年の12月2日、他の6の首長国とともに、今に至るアラブ首長国連邦をこの地に結成。その副大統領兼首相となったラーシド首長を指導者に据え、原油依存経済からの脱却の取り組みと産業の多角化を進めてゆく。その流れのうえで1981年(1985年)に開設に至った『ジュベル・アリ・フリーゾーン(JAFZ)』という名の経済特区、およびナショナル・フラッグ・キャリアとしてのエミレーツ航空の開港は、国外資本や外国企業の進出とあわせて『人』と『物』の集積地としての発展を急速に促していった。

繁栄
時は下って21世紀に入る頃には、従来よりの近代化の波を経て、中東における貿易・商業の最大の中心地と呼ばれるまでのメガロポリスに変貌していた。1970年代からわずか20年のうちに起こった変化は、都市外観のそれのみならず、経済の石油依存率は半分以下に減じ、GDPの伸びは30倍に達するなど、『中世から近代への急変』との表現をもって語られる激変そのものであった。

現代
2003年以降の発展は特に凄まじく、2004年の後半から続く原油高がその発展を更に後押ししている。2005年度の経済成長率は16%に達し、総数120万の民の都市となった。摩天楼の連なる幻惑的な百万都市を擁する都市国家として、中東でも随一の繁栄を誇っている。
タグ:ドバイ株
posted by ドバイスト at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドバイ株入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46390634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。